2019コラム

▼ 一月のことば

 新年あけましておめでとうございます。
 今年は、平成天皇のご退位、それに伴う元号改正と大きな行事が控えていますが、当社も創立40周年を迎えることとなります。信用調査会社では、創業30年以上の会社を「老舗」としており当社も老舗の一員となっています。古くから続いているものの中に俳諧があります。その俳諧に「不易流行」という言葉があります。いつまでも変化しない「不易」と、時代に応じて変化する「流行」が根本において同じということを表しており、時代が変ったのに古くからの法則や方法に縛られていると衰退してしまうし、変えてはいけない部分を変えてしまうとあっという間に滅びてしまう、ということを表しています。このような教えがあるからこそ俳句は長く続いているのでしょう。私達も、変えてはならないコアはしっかり残し、変えるべきことは果断に変え、変えたものもまたコアの一部として残してゆけば50年、100年と続く会社になって行くのでしょう。私達一人一人も同じだと思います。
 皆さんも新年を迎え新たな気持ちで、変わらぬ思いを持ちながらも新しい変化に挑んでみてはいかがでしょうか。

▼ 二月のことば

 今年の節分は2月3日です。節分に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻寿司を、あるコンビニが恵方巻きとして2000年前後から販売し、今や、すっかり定着しています。1月中旬に農林水産省が、「フードロス」と呼ばれる食料廃棄問題への取り組みの一環として、恵方巻きの作りすぎを控えるようコンビニやスーパーの業界団体に要請したというニュースがありました。この要請に対して、業界側は1本当たりサイズを小さくするとか予約販売を増やす等の対策を取るそうです。一方では、日本全体のフードロスは年間646万トンもあるそうで、恵方巻きのロスを減らしても効果はほとんどないという意見もありました。
 同じような話を、年明けの賀詞交歓会でプラスチック業界の方から聞きました。某コーヒーチェーンがプラスチック製ストローを廃止すると発表しましたが、世界中で使用されているプラスチック全体の量からすれば、ストローの占める比率は微々たるもので大した効果はなく、本気でプラスチックごみを減らすのであれば、他に取り組むべきことがあるとのことでした。
 現在、2015年に国連で採択されたSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に従って三菱電機グループでもいろいろな取り組みが始まっています。上記2つの事例は効果のほどはさておき、一消費者として環境問題について意識するきっかけになりました。

▼ 三月のことば

 いよいよ3月、日に日に穏やかな陽の光もまぶしさを増してくるようになりました。季節の節目を表す二十四節気のうち、3月の節気で誰しも知っているのは春分ですが、もうひとつその前にやってくるのが「啓蟄(けいちつ)」。啓は「ひらく」、蟄は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、土の中の虫が地上に這い出てくる季節として立春から数えて3番目の節気にあたる3月6日頃を指すようです。大寒とか穀雨のように気候や気象からくる節気がほとんどのなかで、生き物の活動をモチーフにしているのはこの啓蟄だけではないでしょうか。
 ところが、今年はエルニーニョ現象が続いているせいか、暖冬の影響で虫の活動も早まっている様子。桜の開花も東京では平年より5日早い予想もあり、異常に早かった昨年よりは遅いとはいえ、これだけ暖冬が続くと季節感もずれてきてしまいます。多分、昆虫のほうが季節には人間よりも敏感で、まだ啓蟄ではないのに地上に出てきて驚いているかもしれません。
 人間にとっては暖冬のほうが過ごしやすいですが、人間の起こした異常気象で迷惑を被るのは人間だけに留まらないことを、節気を迎えるごとに考えさせられます。

▼ 四月のことば

 いよいよ平成最後の月となりました。そして新元号が「令和」と公表され、5月からは新しい時代が始まります。正月が2回あるような気分で、気が引き締まります。
 さて、今回は当社の規模(年商)をもとに平成史を振り返ってみます。  平成元年はまだメルコオーバーシーズの時代で、年商は34億円でした。日経平均株価が史上最高値の38,957円を記録し、消費税(3%)が始まりました。
 平成6年に100億円を超え、村山連立内閣が発足しました。
 平成15年に1,000億円を超え、日経平均株価がバブル後最安値の7,607円を記録しました。そして、当社が三菱電機トレーディングに社名変更した平成16年は1,454億円でした。この年にfacebookが誕生しました。
 平成19年に2,000億円を超え、公的年金の加入記録漏れが5,000万件以上となり、大騒ぎになりました。
 平成29年に3,000億円を超え、トランプ大統領が誕生しました。
 そして平成最後となる31年2月に当社創立40周年を迎えました。
 このように平成時代は当社にとってまさに成長期でした。明治、大正、昭和、平成に続く「令和」が、皆様にとって、当社にとって、ますますより良き時代となることを祈りたいと思います。
 「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」